異常に高い、初代RAV4(SXA10系)

買取価格が高いワケは貿易(輸出)の対象車

 

 

 

初代RAV4の現在の買取り価格は異常に高いのをご存知でしょうか。数年前からRAV4はアフリカ、ミャンマー、モンゴルといった発展途上国へ輸出されており、その国々の貿易対象車種のひとつとしてRAV4がリストアップされているのです。

貿易となると関税の問題が出てきます。年式が新しい車になると税率も上がる為に極力そのデッドラインである年式に近いほうがいいのです。しかし、仕入れの金額が高ければ意味がありません。いくら政府がお金を出すといっても予算があります。必要な台数を予算内で調達しなければならない為、年式や走行距離などを低く設定いなければならないのです。

また、インフラ整備が整ってない発展途上国はぬかるんだ道や砂利道を問題なく走れる車でないといけません。そして、故障が少ない車。それらの条件をクリアし、ターゲットとなったのが初代RAV4なのです。

RAV4をオークション会場へ買い付けに来るバイヤーたち

政府から派遣されたバイヤーたちが集うのが全国のオークション会場です。彼らは狙いの車を必要な台数分、予算内で落札していきます。買い付けの対象車種である初代RAV4は大きく分けて2タイプあります。

3ドアと5ドアです。そのなかで最も高く落札されるのが、5ドアで4WDと2つの条件を満たしたものです。3ドアでも落札されるのですが、その差は15万円~20万円ほどあります。では、早速ご覧ください。

上が5ドアの相場表、下が3ドアの相場表です。ATとMTの差はほとんど関係ありませんが、5ドアの程度が良くて5MTなら40万円オーバー期待出来るでしょう。また、走行距離や事故歴アリなどは関係ないのが分かりますね。

ただしこれらの価格はあくまでオークションの落札結果です。オークションは落札すると、手数料や代行費用など何かと諸費用が掛かってきますので、バイヤーたちも出来ることなら直接ユーザーと取引したいのが本音なのです。

RAV4を海外輸出業者に取引してもらう

国内には海外へ輸出する専門業者があるのをご存知ですか?それら業者は常に海外のバイヤーと情報交換をして対象車種をオークションから仕入れバイヤーたちに売りさばくのです。そんな海外輸出業者も最近ではユーザーから買取りを強化しています。

その国内大手の海外輸出業者を紹介しましょう。

査定価格をチェックする

このカーネクストは事故車や故障車、廃車などを主に買取しています。その買取した車の多くはリサイクル資源として、またリサイクル部品として海外へ輸出しています。先に説明したようにそれはほんの一部に過ぎず、メインは車体の輸出なのです。

オークション相場を理解したうえで、査定依頼をかけてみればRAV4の買取価格の高さを実感できるはずです。