RAV4はどんなに古くても20万以上で売れる

RAV4の中古車の需要と相場

RAV4は1994年にデビューしました。当時のCMにはあのキムタクが出演していましたが、覚えている人は少なくなっているでしょう。それと同時に初代RAV4も街中ですっかり見かけなくなりました。それもそのはずデビューしてから20年以上も経っているわけですから。

当時、国内では4WDブームが流行っていてランクル、サーフ、パジェロといった本格四輪駆動車がブームとなっていました。しかし、大きすぎる車体と国内の道路事情や駐車場に納めきれず事故などが多発しました。

それに伴ってSUVのハシリとなったのがRAV4でした。当時はSUVというジャンルはなく『街乗り4WD』という言い方がふさわしかったですね。ライバル車にはホンダのCR-V、スバルのフォレスター、三菱のRVR、スズキのエスクード、ジムニーシエラなど続々と参入してきました。

RAV4はデビュー後ライバル車を押しのけ販売台数を伸ばしていきました。もともとランクルなど4WDを多く手掛けていたTOYOTAですから、得意分野だったのかもしれません。また、当時の自動車業界はセダンかスポーツカーしかない時代でしたから、車高が高く、ゆったり乗れて、荷物も多く詰めれる車が少なかった影響も少なからず販売台数を伸ばした要因でしょう。

さて、そんなRAV4も現在では新車販売店から姿を消し2代目以降のRAV4くらいしか見かけないのでは無いでしょうか。中古車業界ではSUV人気のおかげで店頭には常に並んでいる状態が見られます。そんなRAV4の初代モデルから最終モデルまで解説していきたいと思います。

初代RAV4(SXA10系)1994年-2000年モデル

デビュー時は3ドア(4人乗り)のみで。排気量は2000ccで設定されており、今となっては珍しい5速MTもありました。当時の新車販売台数はAT、MTそれぞれが偏ることがなく人気がありましたが、中古車市場ではMTは少し人気が劣り、安めの金額設定でした。その人気を維持したまま、翌年1995年に5ドアの追加が発表されました。その後は5ドアに人気が集中し、中古車市場も3ドアの下落が目立ち始めました。

しかし、時代はミニバンの登場で4WDブームが陰りを見せるとともにRAV4にもその煽りを受けることになりました。より人が乗れる車でファミリーカーとしても使用できるミニバンの人気は絶対的なものとなり、4WDやSUVは趣味や用途目的で購入するユーザーに絞られることとなりました。

初代RAV4の相場をみる

RAV4(ZCA20/ACA20系)2000年-2005年モデル

2000年に初めてフルモデルチェンジを行いましたが、FMC(フルモデルチェンジ)後、それまでの3ドアの撤廃と大きくなったボディサイズに合った、2000ccと2400ccの新たなエンジンへ進化しました。しかし、TOYOTAブランドにはすでにSUVの代名詞となったハリアーとクルーガーが高級SUVとして人気を確立しており、やはり街乗り4WDのイメージを乗り越えることができない存在でした。

また、ライバルはハリアー、クルーガーだけでなく、同じくFMCをしたホンダCR-Vや日産から新たに投入されたエクストレイルに苦戦を強いられることなります。ボディ、排気量の大型化による販売価格の値上がり。初代RAV4の気軽に乗れる4WDのイメージは全くなくなり、もう少し予算を上げれば『ハリアーが買える』アシスト的な存在という皮肉な結果となりました。

RAV4(ACA30系)2005年-2016年最終モデル

2代目RAV4で生産終了の噂が絶えなかったのですが、3代目(最終モデル)へとFMCされました。その理由にもともとハリアーやクルーガー同様に海外で高い人気があり、輸出へシフトチェンジしたと思われます。

FMCはさらに大きくなったボディサイズ、2000ccの撤廃、7人乗りの追加設定など初代RAV4とはかけ離れた車へと大きな進化となりました。しかし、販売チャンネルはネッツ店のみで、それまで販売チャンネルであったカローラ店はヴァンガードという姉妹車の販売となりました。これがRAV4生産終了への決定打となっていくのです。

高級志向がないRAV4に対し、ほぼ価格設定が同じヴァンガードはハリアーに近い高級感があり、その風貌もチョイワル的な格好のよさで人気を集め、クルーガーの後継モデルの成功車と言っても過言ではないでしょう。当然どちらがいいか?となると答えはRAV4の惨敗です。

こうして、RAV4の22年間の販売に終止符が打たれました。しかし、中古車市場や海外でのRAV4人気は絶大的なものがあり、今現在でも非常に高値で取引されているのです。

 

 

 

 

RAV4を廃車の査定は走行した距離が少ない方がプラスの査定になります。走行した距離が多い方がRAV4を廃車の状態が悪くなるからです。そう言っても、走行距離メーターに何か細工を加えるとサギとなるので、走行してしまった分は仕方がありません。これからはRAV4を廃車を売りに出すことまで考えて無駄には走らないようにすることをお勧めします。インターネットを使って中古RAV4を廃車買取業者に査定をしてもらおうとすると、個人情報を書き込まないといけなくなっているところが全てとは言いませんが九分通りといった状態です。買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、入力した個人情報から電話がかかってくるのは避けたいということで、インターネットでの査定に気乗りしない人がいてもおかしくありません。ですが、そういったユーザーの声に応えたのか近頃は、電話番号をはじめとした個人情報を記載しなくても使用可能な査定額がどんな値段になるのか、大体のところを知らせてもらえるサイトも現れていますし、試してみるのも良さそうです。RAV4を廃車を買取業者の査定に出したくなったら、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、RAV4を廃車の中も外もきれいにし、加えて、RAV4を廃車検証や保険証書(自賠責)など必要書類は用意をしておきましょう。これも大事なことですが、後の方になってから変に話が拗れたりすると困るので、事故を起こして修理したことなどは率直に伝えておくべきでしょう。また査定額に納得できないならもうその業者に売るのはやめて不満をためることのないようにします。実際のRAV4を廃車を業者に見てもらう査定では、出張査定を選ぶ人も割と多くいます。利点はなにしろ持ちこまなくていいから楽ですし、持ち込むための運転をしないので当然燃料代もただです。楽だし燃料代もかからないし言うことは無いのですが、押しに弱い人は業者が出向いてくる出張査定を選ぶより、自分で運転して持ち込み査定してもらうのが良さそうです。業者に対しわざわざ来てもらったという思いを持つと、なかなか断るのは難しくなるようです。RAV4を廃車の査定を受ける時は、手間をかけてもスタッドレスタイヤをつけたままにするのではなく、いわゆる標準タイヤに換えておきましょう。査定の際、スタッドレスタイヤはマイナスとなるそうです。使用状態が良かったらRAV4を廃車と一緒にスタッドレスタイヤも買取を行ってくれる場合もあるかもしれませんが、走り過ぎて溝がすり減っていると、逆に処分のためにお金を払う必要があるかもしれません。RAV4を廃車の査定を受けることが決まったら、RAV4を廃車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと判断できないケースもありそうです。一見してわからない自分で直せそうな小さい傷なら、処置してきれいにしておくのがベターですが、修理工場に出すまではしなくても大丈夫です。理由は時間とお金をかけて傷を直し、それで査定額がプラスされたとしても修理にかかるお金の方が間違いなく高くつくからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態であまり気にせず査定を受けてしまいましょう。業者によい評価を得るためにも査定前には、RAV4を廃車を丁寧に洗RAV4を廃車し、RAV4を廃車内の掃除も済ませましょう。業者の査定員だってあくまでも人間ですし、汚いRAV4を廃車を見せられるよりはきれいに手入れされたRAV4を廃車に良い点数をつけたくなるというものです。RAV4を廃車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、RAV4を廃車についた傷などが見え辛くなっており、そこで査定額が減らされる可能性もあります。また、洗RAV4を廃車を行うなら外装だけでなくタイヤまわりなどに溜まった汚れも落としておくといいでしょう。RAV4を廃車を買い取ってもらう際の大体の流れは、まず初めにインターネット等で一括査定を頼みます。中古RAV4を廃車買取業者によってこちらの情報を基に算出された査定額が表れますので、査定額が高かったり、信頼できそうだったりする業者にRAV4を廃車を実際に査定してもらいます。査定の結果が満足できるものだった場合、契約をし、RAV4を廃車を売ります。お金は後日振り込みとなることが大半を占めます。誰もがスマホをもつ昨今、RAV4を廃車の査定もスマホから手続きを行なうことができるのです。パソコンをあまり使わないという人もネット上にあるオンライン一括査定のサービスを使えるということですから、時間の短縮になり手間も省けるというものです。査定額をなるべく高く出してくる理想の買取業者を探すため、査定は数社に申込んでみるのが良いでしょう。RAV4を廃車査定用アプリもだいぶ数を増やしてきましたが、そういうものを使ってみるとより一層効率よく業者を見つけ出せることでしょう。事故を起こしてしまったRAV4を廃車でも査定は可能ですが、つけてもらえる査定の金額は低いでしょう。ですが、事故を起こしたRAV4を廃車ということを隠していてもプロである査定員は事故RAV4を廃車と分かってしまうので、印象が悪くなってしまいます。事故でのダメージが相当大きい場合は、数は少ないですが、事故RAV4を廃車を専門にしている買取業者の査定を受けると良い場合があります。こちらの方が良い査定額を提示してくれることも少なくありません。